エロ動画はインタビューシーンから始まる場合が多い

エロ動画はインタビューシーンから始まる場合が多いですね。

導入部分でユーザーの気持ちをキャッチするためのお約束のようです。

今回は1PO-3BUの中から素人の女性に対して騙してアダルトビデオ・エロ動画に出演させてしまおうという企画を見てみましょう。

●イタリアンレストランの美人ウエイトレスに<取材だから>と称してアダルトビデオの出演を交渉します。

店長がいない時間帯をあらかじめ調べておきます。

そしてアポイントをとってレストランのフロアでインタビューを開始するナンパ師のイケ面男優さんと撮影スタッフたち。

お給料の話からスタートします。

ギャラが貰えるとなったら大抵は積極的になるのです。

徐々に下着の話とか初体験の話は経験人数の話に持ってゆきます。

美人ウエイトレスは特に恥ずかしがったり躊躇したりせずに淡々とインタビューに答えてゆきます。

<これはイケそうだ!>と判断した撮影スタッフは勝負にでます。

「じつは別にセクシー系の雑誌のインタビューもあるんですがギャラもいいんですよ」と。

「ちょっぴり見せるだけでOKですから簡単な仕事です」とお願いすると少しは戸惑いを見せます。

けれども高額のギャラに心が動いてあっさりとブラジャーとパンティの姿になってくれる美人ウエイトレス。

さらに謝礼を上乗せさせるという話になり、ブラジャーを外して<手ブラ>までポーズしちゃいます。

オールヌードになったタイミングで厨房に移動して撮影を続けます。

美人ウエイトレスのオマンコを触っていると彼女から「これはアダルトビデオでしょう?」と言われる撮影スタッフ。

「正直に言うとそうなんです」と認めますが美人ウエイトレスは即金の謝礼に目がくらんでセックスまでしちゃいます。